訪問実験室!文化芸術が生まれてくる現場 vol.2

訪問実験室!文化芸術が生まれてくる現場 vol.2

Youtube配信 ②「飾る・運ぶ・仕舞う」古美術の取扱のコツ

文化芸術が日々生み出される場所と、そこで創作や生活をしている表現者に会いに出かけます。
日頃私たちが足を踏み入れることの出来ないプライベートな現場には、どんな仕事道具があり、どのような手順で創作をされているのでしょうか。

訪問映像はいつでも観ていただけるように、順次HPにアップしていきます。
分野は幅広く、文化芸術の表現を支えてくださる職人さんや、技術者の方々にもスポットを当て、たとえば、生活の中で、
私たちの文化芸術の楽しみを支えてくれる作品や道具類について、飾ったり、コンディション良く仕舞う方法を教わります。

なぜそのように仕舞うのかを理解することで、合理的で適切な保存の法則が見えて来ます。
また、違う飾り方にチャレンジすると、作品の良さが倍増することに驚かれることもあるでしょう。
楽器、美術作品、工芸作品など多分野の専門家から直接教わるめったにない機会です。

第2回は、岡山県立美術館 学芸課長の福冨幸さんをお訪ねします。
工芸品や掛軸などの古美術を日常の中で楽しむために「飾る・運ぶ・仕舞う」をテーマに取り扱いのちょっとしたコツを教えていただきます。

形 式 / YouTube配信(岡山県文化連盟 公式チャンネル「おかやまカルチャー・ヴィ」にて配信中)
料 金 / 無料
対象者 / 美術、工芸、伝統芸能、歴史

おかやまカルチャー・ヴィ

聞き手

大月ヒロ子

関連リンク

岡山県立美術館 / okayama-kenbi.info/