各種文化イベントの開催に関する考え方について

各種文化イベントの開催に関する考え方について

新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について(各種文化イベントの開催に関する考え方について)
新型コロナウイルス感染防止拡大のため、各種文化イベントの開催に関する考え方について、文化庁から通知がありました。

先日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、様々な文化イベントのうち、多数の方が集まるような全国的な文化イベント等について、
大規模な感染リスクがあることを勘案し、概ね 10 日間程度は、中止、延期又は規模縮小等の対応を継続していただくようお願いがありました。
(令和2年3月10日付け事務連絡)

そして、昨日(3月19日)、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議(以下「専門家会議」という。)より、「地域ごとの対応に関する基本的な考え方」や
「大規模イベント等の取扱い」、「多くの人が参加する場での感染対策のあり方の例」について、参考資料のとおり示されました。
これを受け、本日(3月20日)、総理より、全国規模の大規模イベント等の主催者が、今回専門家会議から示された見解(「主催者がリスクを判断して
慎重な対応が求められる」)を踏まえた判断を行う場合は、「多くの人が参加する場での感染対策のあり方の例」も参考にすることや、
引き続き、感染拡大の防止に十分留意すること等をお願いするメッセージが出されました。今後は、これを踏まえた対応をお願いします。
詳しくは、参考PDFまたは下記のリンクをご覧ください。

各種文化イベントの開催に関する考え方について
PDFダウンロード
関連情報ホームページ
・新型コロナウイルス感染症対策本部(第 21 回)(令和2年3月20日)
・新型コロナウイルス感染症対策専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策の見解(令和2年3月19日)
・文部科学省ホームページ「新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について」
・新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について(内閣官房ホームページ)