申請書ダウンロード

申請書ダウンロード一覧

beyond2020認証

beyond2020の詳細はこちら

申請書ダウンロード
申請書は「beyond2020のみの申請書」と「岡山県の後援名義等使用承認とbeyond2020の一括申請ができる申請書」の2種類があります。状況に合わせて使い分けください。申請書等をダウンロードの上、メールにて申請してください。(メールができない場合は持参も可能です。)

報告書ダウンロード
報告書は「beyond2020のみの報告書」と「岡山県の後援名義等使用承認とbeyond2020の一括申請の報告書」の2種類があります。申請した内容に合わせて報告書を選んでください。報告書をダウンロードの上、メールにて提出してください。(メールができない場合は持参も可能です。)

 

共催・後援名義

使用基準
公益社団法人岡山県文化連盟(以下、「連盟」という)以外の団体が主催して行う文化事業の開催にあたり、連盟の共催・後援等(以下、「後援等」という)の名義の使用を申請された場合の承認基準は、次のとおりとします。
事業の目的
次のいずれにも該当するものであること。
①文化の振興に寄与すると認められるものであること。
②営利を目的としない事業であること。
③特定の政治的又は宗教的な目的を有さないこと。
事業の規模等
次のいずれかに該当する規模又は内容を有すること。
①対象者、対象地域又は参加者の範囲が広域的である。(原則として市町村単位以上)
②加盟団体又は全県的な組織を持つ団体が主催する事業である。
③これまでに相当回数の開催実績を有し、広域の地域に定着し、地域への貢献度が高いもの。
④地域的に特徴のある行事であり、かつ、高い評価を受けているもの。
⑤その他、会長が特に必要と認めるもの。
主催団体
次のいずれかに該当するものであること。
①加盟団体であること。また、加盟団体が 特に推薦をした傘下団体等であること。
②行政機関、公益法人その他これに準ずる団体であること。ただし、原則として政治団体及び宗教団体は除く。
③営利法人又は営利を目的とした団体にあっては、岡山県の文化振興の目的に照らし、総合的に判断して適当であると認められる場合。
④報道機関(新聞、ラジオ、テレビ等、報道エリアが市町村単位以上のもの)
その他
連盟名義の使用承認が、他の団体との関係において著しく公平を欠くおそれがないこと。
許可しない場合
①公序良俗に反するおそれのあるもの。
②過去に連盟が共催・後援等を行った事業において、趣旨に反する行為のあった団体等が行うもの。
③個人又は同人的活動で社会性に乏しいもの。
連盟名義の種別
①共催名義:連盟が主催者の一員として、当該行事の企画及び実施に参画する。
②後援名義:連盟の目的に添うと認められる行事について、奨励の意のみを表す。
③その他これらに類する名義(推薦等)。
申請手続
下記の添付書類と一緒に申請書をご提出ください。
<添付書類>
・申請団体の概要がわかる資料(役員名簿、会員名簿、団体等の規約・会則等)
・事業の概要がわかる資料(事業計画書、収支予算書、チラシ、パンフレット、プログラム等)
なお、事業終了後には収支決算を含む事業報告書の提出をお願いいたします。
様式ダウンロード
PDFダウンロード   Wordダウンロード

 

会長賞

会長賞交付基準
当連盟では、公益社団法人岡山県文化連盟会長賞の名義使用について、次のように考えております。
①公益社団法人岡山県文化連盟会長賞を授与するに相応しい事業であり、連盟が共催又は後援を行う場合に限る。
②単なる参加賞的位置づけではなく、最高賞もしくはそれに準じる賞として授与されるものであること。
③賞状、賞品は主催団体に於いて準備し、文化連盟は名義使用についてのみ責任を負うこと。
会長賞名義使用の可否については、上記をふまえて慎重に協議のうえ、決定いたします。
申請書ダウンロード
PDFダウンロード   Wordダウンロード

 

支援と助成(おかやま県民文化祭共催事業「文化パワーアップアクション」)

文化パワーアップアクションの詳細はこちら
※H29年度分は締め切りました。ありがとうございました。

申請書ダウンロード
ダウンロード
報告書ダウンロード
ダウンロード

 

文化人材バンク 学校出前講座

学校出前講座のページへ ※H29年度分は締切ました。ありがとうございました。

学校出前講座申請書 ※伝統文化、一般文化芸術とも共通です。
PDFダウンロード   Wordダウンロード
文化人材バンク登録用紙
PDFダウンロード   Wordダウンロード

 

会員登録

正会員・加入申込書
PDFダウンロード   Wordダウンロード
賛助会員・入会申込書
PDFダウンロード   Wordダウンロード